FC2ブログ

ひとやすみ #21 「名古屋の週末」

2月末の週末、名古屋に遊びに行ってきた。
一年半ぶりの名古屋。
楽しい週末を過ごすことができた。


【 ホテル到着 】
2018031910250800.jpg

土曜日の夜、名古屋に到着。

【 ホテルロビー 】
2018031910252500.jpg

まずはホテルにチェックイン。

【 ホテルの窓から 】
2018031910253800.jpg

最上階の割りといい部屋。
窓から見えるTV塔は東京タワーのよう。

【 おみやげ 】
2018031910260500.jpg

おみやげはごまたまご。
東京土産では人気がある。
キャラメル味、スイートポテト味もある。

【 アッシュ入口 】
2018031910261200.jpg

アッシュさん、到着。
ここのショーが観たくて土曜日に来た。
金曜日と土曜日のみ営業しているお店。
クオリティの高いフィティッシュなショーが観れる。

【 アッシュのみなさんと 】
2018031910261800.jpg

スタッフ皆さんと写真撮影。
舞台の上でフルキャストと。

アッシュの皆さん、ありがとうございました!

【 鞭 】
2018031910270900.jpg

日曜日は、紅龍華さん主催の鞭オフ会、
「DRAG-ON OFF 12周年」の二次会に参加。
飛び入り参加にもかかわらず、
温かく仲間入りさせて頂いた。

そして、いろいろな鞭を見せて頂いた。

紅龍華さん、みなさん、ありがとうございました。

【 一本鞭 】
2018031910274600.jpg

キレイな一本鞭。
長さも手ごろ。

でも、にわかSの圭には、まだ早いかな。

【 バラ鞭 】
2018031910270100.jpg

このバラ鞭、気に入った。
紅龍華さんのこだわりを感じる。
少しアレンジして、早速注文。
できあがりが楽しみ♪

【 カクテルで乾杯 】
2018031910295800.jpg

鞭オフ会二次会の後は、シックなバーでデート。
お店お薦めのカクテルを試してみる。

【 バーニャカウダー 】
2018031910292100.jpg

おつまみは軽めに。
彩りのいいバーニャカウダー。

【 ルーショット 】
2018031910290500.jpg

名古屋で仲良しのステキな女性。
鞭オフ会へのお誘いも彼女から。
ありがとうございました。

【 絞った身体 】
2018031910304200.jpg

さて、月曜日は身体を張った仕事。
この日のために身体を絞ってきた。
シックスパッドの成果も出ているかな。

この仕事の成果は、...
機会があったらまたレポートします。
.

ひとやすみ #20 「中国出張」

中国出張、食、観光、マジックとレポートした。
今回の4つめのレポートにて最終回。
ホテルと見てきた景色をレポート。


【 ケンピンスキーホテル 】
中国15

圭が宿泊したのはドイツ系の人気ホテル、
ケンピンスキーホテル(KEMPINSKI HOTEL)。

【 ☆☆☆☆☆ホテル 】
中国10

ホテルは5つ星(☆☆☆☆☆)。
中国ホテル第七回「金枕頭賞」を受賞している。

【 エグゼクティブルーム 】
中国16

圭が宿泊した部屋は「エグゼクティブルーム」。
ホテルの広告にも使われている最高級の部屋。
予約していた部屋が使えなくなったため、急遽
いい部屋に変更になったとのこと。
ラッキー!!

【 寝室と手前のリビング 】
中国17

部屋はロビーのような空間、リビングのような空間、寝室、
バス、シャワー、トイレなどのある空間と4部屋ほどの
広さがある。

【 ホテルの窓から臨む景色 】
中国04

ホテルの部屋は22階。
ホテル周辺を臨むことができる。

「やばっ、寝坊した!」
と、思ったものの日本との時差が1時間。
ちょっと得した気分。
朝の景色を観ながら、慌てた気持ちを落ち着かせる。

【 外から見たケンピンスキーホテル 】
中国08

いいホテルに泊まったものの...
日々、歓迎の夕食に招待いただいて飲んで帰る。
ただ寝るだけの利用となってしまい、少しもったいない。

最後の日の夜はマジックショーの披露があたので、
お酒は控えめにしておいた。

少し外に出て散歩でもしてみよう。
ホテルの前の大きな河は凍り付いている。
なんといってもマイナス20℃。

【 夜の散歩 】
中国06

ホテル周辺の高層マンション。
夜景としてもキレイ。

【 高層マンション1 】
中国05

中国瀋陽には細長く高いマンションがいっぱい。

【 高層マンション2 】
中国12

土地が広いのだから、高くしなくてもよさそうなのに。

【 高層マンション3 】
中国13

高さは裕福な証かな?

【 高層マンション4 】
中国14

この高層マンションの乱立、
ちょっと日本にはない景色。

中国出張を終え、帰路に。

【 帰国 】
2018031111252700.jpg

帰り間際、少し小雪がちらついたものの、
訪中の間、いい天気。
天気もラッキーな中国出張。

帰りの飛行機。
雲の上はもちろん、快晴。

.

ひとやすみ #19 「瀋陽 故宮」

せっかくの中国。 仕事、早く終えて観光をしょう。
三日目、午前で仕事を終えて、午後は故宮へ。
歴史を感じる空間を探訪した。


【 世界文化遺産 瀋陽 故宮 】
故宮15

瀋陽にある故宮は世界文化遺産。
北京の故宮に比べると規模は1/12。
コンパクトな観光名所。
半日観光するにはちょうどいい。

【 大清門 】
故宮00

風格のある門をくぐり抜け、探訪スタート。

【 門の裏の彫刻 】
故宮02

赤を基調とした建物が並ぶ中、
青の色合いが鮮やか。

【 門をくぐって 】
故宮03

独特な建物が立ち並ぶ。
この故宮には70以上の建物がある。

【 日時計 】
故宮04

この当時は太陽が時を伝えていたのだろう。

【 御花園 】
故宮05

故宮06

庭園かな、と思いきや、
ゴツゴツした岩がいっぱい。

【 清朝の時代の時計展 】
故宮08

圭が訪れたときは、
清朝の時代の時計展が開催されていた。

【 いろいろな時計 】
故宮07

豪華な時計が数多く展示されている。

【 大政殿 】
故宮09

皇帝が式典を行ったという大政殿。

【 マイナス20℃ 】
故宮10

この時期の瀋陽はマイナス20℃を下回る。
圭はテニス用のベンチコート持参。
大政殿の前での記念撮影。

【 玉座 】
故宮11

大政殿の中の玉座。
はるか昔、
ここに風格ある皇帝が座っていたのだろう。

【 玉座から見渡す景色 】
故宮12

大政殿から見渡す景色。
ここで工程を前に式典が行われたりしたのだろう。

【 故宮からの夕日 】
故宮13

今回の出張、時間に少し余裕を持たせていた。
こうしたところを見て歩いて見識を深めることって
大切だなぁ、とあらためて感じた。
いろいろ考えさせられる。

陽も傾いてきた。
マイナス20℃以下の気温はさすがにキツイ。
それそろ引き上げるとするか。

この後、瀋陽の街でショッピングへ。

.

ひとやすみ #18 「中国料理」

2月上旬、中国瀋陽へ出張。
男磨きはひと休み。
もてなされるがままにいろいろ食べてきた。


【 中国瀋陽のレストラン 】
中国料理09

圭の訪中は4日間。
日々、違ったお店に案内していただいた。
今回は、訪中での食事をご紹介。

【 初日のお店 】
中国料理01

中国では鯉は縁起のいい魚。
圭も運気、上げていきたいものだ。

【 広東料理 その1 】
中国料理03

初日は広東料理のお店へ。

【 広東料理 その2 】
中国料理05

広東料理は全般的に甘いらしい。

【 広東料理 その3 】
中国料理06

見るからに甘そう。

【 広東料理 その4 】
中国料理04

ちょっと怪しげな部位も。

【 広東料理? 】
中国料理07

淡水魚の料理。
恐ろしく辛い。
「まだ辛さレベル1ですよ」
と言われたが、.... 圭は食べられない。

【 二日目のお店 】
中国料理10

二日目は火鍋のお店へ。
今、瀋陽で人気のチェーン店らしい。

真っ黒でボツボツしている牛の胃袋や、
お店の名物料理という牛の血など、
ちょっとドキドキさせられてしまう料理も。

スマホ電池切れで写真撮れず。
残念。

【 三日目のお店 】
中国料理11

三日目は少し豪華なお店へ。

【 アートな店内1 】
中国料理12

壁には綺麗なツボや、

【 アートな店内2 】
中国料理13

綺麗な絵が飾られている。

四川料理のお店とのこと。

【 四川料理 その1 】
中国料理15

「四川料理は辛い」
と聞いていたが、一日目に圭があまりに
辛いのが苦手なところを露呈してしまったので、
加減した料理を選んでくれたらしい。

【 四川料理 その2 】
中国料理16

それほど辛くないオクラの料理。

【 四川料理 その3 】
中国料理14

中国では全般的にダックの料理が多い。

【 四川料理 その4 】
中国料理17

「それほど辛くない」
とは言われたものの、一日目のトラウマ。
この料理には手をつけることができなかった。

中国ならではの料理をいろいろ堪能。
シェイシェイ!


4日目は春節(旧正月)を前にした大忘年会。
圭は、800人を前にマジックを演じる。
さすがに宴会の料理をゆっくり味わうことはできなかった。
(マジックのレポートは別の記事にて。)

.

ひとやすみ #17 「富士山」

正月休み、のんびり、ゆっくりと...
空気は冷たいが、ぽっかぽか陽気。
「富士山でも見に行こうか!」


そんなノリで富士五湖へ。

【 富士山 】
富士山1

すそ野まで見渡せる富士山。
ビューポイントはチェック済み。φ(..)
天気もよくて、最高。

【 富士山バックに 】
富士山2

富士山をバックにパシャリ。
休み中、髭剃りしておらず、カールおじさん気味。

【 カモシカ? 】
富士山(カモシカ)

野生のカモシカ(?)に遭遇。
突然の登場にびっくり! (@ ̄□ ̄@;)!

【 金鳥居(かなどりい) 】
富士山(鳥居)

富士山の信仰登山者を迎え入れる「門」として、
存在していたらしい。
今では商店街の看板とせめぎ合い状態。

【 吉田のうどん 】
富士山(吉田のうどん1)

この近辺、うどんが名物。
せっかくだから食べていかなければ。

【 吉田のうどんぶりちゃん 】
富士山(吉田のうどん2)

「吉田のうどん」は、固く腰が強い麺が特徴。
近辺に数十の家庭的なうどん屋さんがある。
スタンプラリーをすると何かもらえるらしい。

【 忍野八海 】
富士山(忍野八海0)

富士山の雪解け水が地下の溶岩の間で、
約20年の歳月をかけてろ過され、湧水と
なって8か所の泉を作っている。

【 湧水口 】
富士山(忍野八海1)

湧水口はコバルトブルーの湧水を鯉が泳ぐ。
深く、澄んだ水を見ていると吸い込まれそう。

【 コバルトブルーのシルエット 】
富士山(忍野八海2)

自らの影が池に映る姿は神秘的。

【 投げ銭禁止! 】
富士山(忍野八海3)

深く透明な池、崇高な地、
なんとなく、投げ銭をしたくなる...
だが、ここは「投げ銭、罰金1,000円!」。
とはいえ、池の底には光るコインがいっぱい。

【 世界遺産 】
富士山(忍野)

世界文化遺産構成資産である、忍野八海。
天然記念物でもあり、名水百選、県富岳百景選定地
にも選ばれている。
どこの国か分からないような言葉がいっぱい。
国際的な観光地、といった感じ。

【 おみやげ1 】
富士山(おもちゃ)

話かけるとオウム返ししてくれるおもちゃ。
おみやげに買おうかと思ったが、...
荷物になりそうなので敬遠。

【 おみやげ2 】
富士山(おみやげ)

パワーワードのストラップを発見。
「忍」と「圭」をゲット。
お世話になっている人に贈ろう。


~~~ 御礼 ~~~

昨年12月、母が緊急入院。
ツイートで関連のツイートを載せたところ、
多くの方にご心配をいただきました。
ありがとうございました。

年末、退院。
少しづつ元気を取り戻してきています。

これからも時間があったら、帰郷し、母親を
元気づけていきたいと思っています。


~~~ おまけ ~~~

寒い季節、温泉は身体も心も温まる。
年末年始、夜は温泉巡りをしてきました。

【 天空の湯 】
富士山(夜景1)

故郷の街を一望。
こっそり露天風呂から撮影させてもらいました。

【 もう一つの湯 】
富士山(夜景2)

もう一つ、夜景を一望できる温泉。
.
プロフィール

圭

Author:圭
圭(けい)です。
「女性に悦んでいただくために男がすべきこと」
をテーマにブログを始めました。
女性のための男磨き、身体と心のトレーニング、
取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Mistress_Sayaka

★りなわ日記★~女流緊縛師【結月里奈】オフィシャルブログ~
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ登録サイト