FC2ブログ

エスコート #49 「光と食の融合(2/2)」

「光と食の融合(1/2)」からの続き。


【 拡張 - 弓張月(ゆみはりづき) - 】
yoyoki10

周りの壁に映し出される季節の流れ。
そして白い皿に水が注がれる。
水は多彩な生命との出会いの場。

【 泳ぐ魚 】
yoyoki11

皿の中には3匹の魚。
涼しげに泳いでいる。

【 いたずら心 】
yoyoki12

不思議な光の魚たち。
子供のように悪戯(いたずら)してみたくなる。
そぉっと、魚に触れてみると、...
まるで生きているかのように逃げていく。

【 本日の鮮魚 】
yoyoki17

インタラクティブな戯れを楽しんだ後は、
旬の魚で舌鼓。

【 フェンネルと百合根のソース 】
yoyoki15

鮮魚の上に鱗をイメージしたミニカブを乗せ、
料理そのものが広がる様を表現。
様々な色合いのソースを使って、
四季の彩りと水の波紋をデザインしている。

【 幻想 - 有明月(ありあけづき) - 】
yoyoki16

夜明け前の霞(かすみ)とともに在る幽玄の月。
鬱蒼(うっそう)とした世界の中に古木が佇む。
そして、靄(もや)が晴れていく。

爽やかなブナの木のスモークで包まれた
次の料理が登場する。

【 不思議な鳥の巣 】
yoyoki17

鳥の卵と巣が寄り添う。
まるで大木に守られているかのように。
長~い時間と、これから始まる命の共存。

【 天城軍鶏のスモーク と ポロ葱 】
yoyoki18

肥沃な静岡天城の鶏舎で育てられた軍鶏。
その卵黄を出汁醤油に漬け込んでいる。
鹿児島喜界島でしか生産されないという
花良治(けらじ)胡椒を添えて。

ワインは、クロード クルトワ ガメイ/ピノ・ノワール。
有機栽培の葡萄を使ったフランスの赤ワイン。

【 一体 - 朔月(さくげつ) - 】
yoyoki19

周りの壁とテーブルの上で繰り広げられる
プロジェクションマッピング。
いよいよ、クライマックスへ。

【 黒毛和牛イチボのロースト 葛だしとともに 】
yoyoki20

〆は、黒毛和牛イチボのローストビーフ。
赤身と油のバランスがいい甘みのある肉。
南部鉄器に入っている「葛だし」でいただく。

ここでのペアリングドリンクはあえて日本酒。
濃厚な味わいの季節の「Japanese Wine」。

【 光と食の融合 】
yoyoki22

光と食を融合したアートなディナー。
五感を楽しませてくれる不思議な時間。

地下の一室での食事を終え、二階に案内される。

【 再生 - 初月(ういづき) - 】
yoyoki23

物語の締めくくりの一皿は、
パリ発スイーツブランド 「HUGO & IVTOR」
とコラボレーションしたデザート。

有田焼のオリジナルの三段重の器に入った
「禁断の果実」を表現したデザートたち。

一品一品が美味しい。

【 Happy Birthday! 】
yoyoki24

圭からのお誕生日のプレゼント、
喜んでいただけたかな♪
とってもいい笑顔、いっぱい。

「また来たいね」

.

エスコート #48 「光と食の融合(1/2)」

生命を巡るロードムービーのような
体験を一皿の宇宙の中で。
こんなコンセプトのレストラン。


大切な女性へのバースデープレゼント。
今回の圭のチョイスは、アートな食の体験。
圭自身も、不思議で貴重な体験をした。

【 食と光を融合したレストラン 】
yoyoki19

『TREE by NAKED』
代々木にあるコンセプトレストラン。

”LIFE ”をテーマに、
人生、生命、宇宙の誕生など、
様々なものに宿る”LIFE”のシーンを
切り取って繋ぎ合わせた、一つの物語。

【 誕生 - 満月(まんげつ) - 】
yoyoki01

テーブルの上に置かれた種。
ストーリーはここから始まる。

【 土壌 】
yoyoki02

お皿の上の土壌。
種を捲く。

【 一夜の夢 】
yoyoki03

月光により、
一夜の夢のように変化していく。

【 命の誕生 】
yoyoki04

月からの聖なる光を浴びて...

生命の神秘を感じさせる光の演出。

【 光の中から出来上がってくる料理 】
yoyoki06

お皿の上には料理が。

【 ツブ貝とスペルト小麦 マクロリーフ添え 】
yoyoki07

9000年以上昔にヨーロッパで栽培されていた
「スペルト小麦」
エクストラバージンオイルを粒上にした
「キャビアロリ」
ツブ貝の歯ごたえがたまらない、例え難い触感。

ワインは、ラ クロワ モリソー ミュスカデ。
フランス・ロワール地方のナチュラルな白。

【 刺激 - 臥待月(ふしまちづき) - 】
yoyoki08

次のテーマは「刺激」。
無から誕生した生命は、様々な刺激を受け、
増殖、変容していく。

【 雲丹とカスタード 青柚子のジュレ 】
yoyoki09

茶碗蒸しをモチーフにした鮮やかな前菜。
ジュレやイクラなど光が反射する透明度の高い
食材を使用した輝きある一皿。

匙(さじ)を進めるにつれ、絶えず変化を続ける
不思議な物語(味覚)を楽しめる。

ワインは、リタ ウドルフト ロッセン リースリング。
ドイツ・モーゼルのまろみと酸味のバランスいい白。

今回のエスコートのレポート、
2回に分けて掲載します。
今までにない感動的なレストラン。
後半もアートな料理が続きます。

.

エスコート #47 「お薦めの鉄板焼」

今年の夏、暑い日が続いた。
そんな夏の一日、ゆっくり過ごしたエスコート。
ディナーは鉄板焼。 新宿 車屋別館へ。


【 車屋 別館 】
車屋05

このお店のウリは、これ。
料理をお酒で蒸す前の一瞬の火柱。
ここを狙って記念撮影してくれる。
厨房からいい感じで撮影していただいた。

【 お昼はリゾート気分 】
車屋00

お忙しいにもかかわらず、
お昼から圭と過ごす時間を確保していただいた。
ひとときのくつろぎの時間はリゾート気分。
バリアンリゾート新宿アイランド。

【 前菜 】
車屋01

夕方、お腹を空かせて、車屋別館へ。
まずは前菜。
見た目は少し地味だけれどお洒落な味。
これから出てくる料理に期待は高まってくる。

【 白身魚のソテー 】
車屋02

白身魚と山芋のソテー。
目の前で料理が手際よく出来上がってくる。
鉄板焼の醍醐味。

【 スープ 】
車屋09

大物の登場の前に一息。

【 伊勢海老 】
車屋03

いよいよ、大物。
こちらが、海の主役。

【 活伊勢海老のソテー 】
車屋04

こんな風に目の前で料理されていく。
彩り鮮やか。
こちらは、白ワインと一緒に。

【 特撰和牛のロース 】
車屋06

そして、もう一つ、陸の主役。
こちらは、赤ワインと一緒に。

【 伊勢海老の頭汁 】
車屋07

みそ汁は伊勢海老を入れた豪華頭汁。
お腹の中、超幸せ♪

【 デザート盛り合わせ 】
車屋08

〆のデザート、すっごく お洒落。

【 シックなバー 】
車屋10

お腹いっぱいになった後は、シックなバーで。
アルコール高めのお酒を飲みながら大人の時間。


圭のエスコート、すっごく喜んでいただけた♪
うれしい。 (*^v^*)/
女性の笑顔、やっぱりいいな。
.

エスコート #46 「パフェデート」

お付き合いを始めてから10年近くたつ。
仲良しの女性とのデート。
ゆっくりとした時間(とき)を過ごしたい。


そんな思いから、連休のデートが恒例に。
そして、デートの締めくくりは、パフェ♪

【 マンゴーのパフェ 】
パフェ01

今年のお正月休み。
微妙に二人のタイミングが合わず、企画は2月初旬に。
それでも、ゆっくりとした時間を過ごすことができた。
締めくくりのパフェデートは、池袋「カフェコムサ」。

圭はマンゴーたっぷりのパフェ。 o(≧~≦)o

【 イチゴのパフェ 】
パフェ02

いつも楽しい時間を過ごさせて頂いている、
とってもステキな女性。
パフェはイチゴ。

【 びわのパフェ 】
パフェ03

そして、今年のゴールデンウィーク。
圭のチョイスは、びわのパフェ。
季節限定、このお店ならではのパフェかもしれない。
レアなスイーツ♪

【 パイン&マンゴー 】
パフェ04

パインとマンゴーのパフェも、美味しそう。

【 バナナのパフェ 】
パフェ05

今年のお盆休みも池袋デートの後のパフェ。
バナナのパフェには、キャラメルソースが付く。

【 いちじくのパフェ 】
パフェ06

圭のチョイスは、いちじく。
美味。  (ノ≧ڡ≦)


恒例となった連休のパフェデート、
これからもずっと、続けていけたらいいな。
ヾ(@^▽^@)ノ
.

エスコート #45 「新宿コリアンレストラン」

お盆休み前のエスコート。
深夜の新宿、おいしい店探訪してみよう。
「お肉食べたい」、そんな気分。


【 焼肉! 】
眞一館03

美味しい松坂牛が売りのお店、発見。👀

【 眞一館 】
眞一館01

コリアンレストラン(韓国料理) 「眞一館」
ここに決めた。

【 松坂牛 ロース 】
眞一館02

コースメニューはなく、単品で選ぶ。
まずは、ロース。

【 松坂牛 ユッケ 】
眞一館04

そして、ユッケ。

【 スペシャル タン 】
眞一館05

「スペシャル」?
タンが美味しそう。

【 松坂牛 ザブトン 】
眞一館09

最近圭は、焼肉ではザブトンがお気に入り。

【 野菜 】
眞一館06

野菜も食べなくっちゃ。

【 海鮮 】
眞一館07

海鮮もいっちゃおうかな。

【 食後に 】
眞一館08

デザートは、黒蜜きな粉アイス。

【 広々とした個室 】
眞一館10

広い個室を用意していただいた。


美味しく楽しいひと時を過ごさせていただきました。
ありがとうございます。
.
プロフィール

圭

Author:圭
圭(けい)です。
「女性に悦んでいただくために男がすべきこと」
をテーマにブログを始めました。
女性のための男磨き、身体と心のトレーニング、
取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ登録サイト