FC2ブログ

磨くべき躰 #02 「トレーニング」

ブログを始めて1週間。
初めてコメントをいただいた。
とっても嬉しい♪  (o^o^o)/


頂いたコメントの中の「膣トレ」という言葉に
「なんだろう?」
という思いを持ち、ネットで調べてみた。
そこで検索された内容に、とっても驚きを感じた。

「膣トレ」という言葉自体を知らなかった。
こうしたトレーニングをしている女性もいるんだなぁ。
女性もいろいろ悩み、考え、努力してる。
「女性に悦ばれるための身体作り」
と題してブログを初めてみたものの、こうしたことも
知らなかった。
自分の身体だけでなく、女性の身体についても
あらためて勉強してみよう。

冗談半分に「膣トレ」に対して「ちんトレ」と
ネットで検索してみた。
これもまた思いの外いろいろな情報がヒット。
サプリ、増大器具、トレーニング、等々。
『男』を鍛えようとしている男は多いようだ。

興味半分、疑心暗鬼なところはあるが、
少し始めてみるとしよう。
自分なりに良し悪しは判断すればいい。
新しい発見もありそう...
まずは実践だ。
効果の状況や、面白そうなネタなど、
ブログでご紹介できたらいいな。

.

磨くべき心 #02 「S or M」

SM...
以前は特別な人たちだけが知り得る不思議な世界
と思っていた。
最近は身近な言葉になってきている。
私生活の中で交わされる
「あの子、Sっ気あるよね」とか
「俺ってMだからなぁ」などという会話のように。
ちょと威張りん坊でカッコよく決めてるタイプの
「S」と、いじめられタイプの「M」といった感じ。

今までの自分はというと、彼女の前では主導権を
握っていたいと思う「S」だったと思う。
男として、
「彼女をリードしたい」
「かっこいいところを見せたい」
「気持ちよくさせたい」
そんな気持ちが根底にあった。

でも、自分に、
「楽しかったのか?」
「気持ちよかったのか?」
と問いかけてみる。
答えは「Yes」ではない。

なにかが違っていた気がする。
別れた彼女も同じように『何かが違う』と、
感じていたのかもしれない。
もしかしたら自分自身は「見栄っ張りなS」
を演じていただけであって、実は「M」の
要素のほうが強いのではないだろうか...

まずは自分を知ることから始めないと。
そして今度また彼女ができたときには、
彼女に合わせられる男でありたい。
もし彼女が「S」っぽかったら「M」に
なってみるのもいいかもしれない。
独りよがりではいけない。
女性を愉しませるためには相手にとって
最も相応(ふさわ)しい「S」であり、
「M」であるべきだと思う。

.
プロフィール

圭

Author:圭
圭(けい)です。
「女性に悦んでいただくために男がすべきこと」
をテーマにブログを始めました。
女性のための男磨き、身体と心のトレーニング、
取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Mistress_Sayaka

★りなわ日記★~女流緊縛師【結月里奈】オフィシャルブログ~
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ登録サイト