FC2ブログ

ひとやすみ #09 「男磨きの旅(名古屋編2)」

大阪からの帰り、... あと1日休暇がある。
名古屋にもう一度、寄り道していこうか。
以前、お世話になったバーに寄っていこう。


~~~~~
今回の圭の旅、行き先は、大阪。
大阪でのレポートは、また後ほどに。
~~~~~

【 Nagoya Jail ※1
名古屋jail1


NAGOYA Jail(ジェール)さん。
その名のとおり、監獄をイメージした雰囲気の
フィティッシュなバー。
名古屋出張の折、定宿としていたホテル近くにある。
泊りの出張のとき、何度か飲みに行った。
最近、名古屋出張が少なくなったので、しばらくぶり。

ご挨拶代わりの大阪みやげが大好評。
昔懐かしい糊(のり)の容器に入っている
可愛らしいプリン※2
半分凍ったシャリシャリ感がちょうどいい。
お店のみなさんと一気に距離感縮んだ感じ♪

【 くるりん/大阪みやげのプリン 】
名古屋jail2


偶然にも以前そのバーでお友達になった女性に再会。
奇遇なことにその女性、圭の住んでいる街のマスコット
キャラクター「くるりん」の大ファン。
世の中、結構狭い。

どういった話の展開からそうなったのだろう...
圭が女装体験してみることに。
「ぜったい、似合う」
「ぜったい、キレイ」
おだてられれ、『よし! やってみよう』 と。
休暇ももう終わりだし、経験、経験!

マスカラつけて、チーク、リップを塗って、...
丁寧にメイクしていただいた。
「キレイになっていく」ワクワク感を体感。
女性の気持ち、ちょっぴりわかったかも。
そして、あらためて日々の女性の苦労を実感。

【 女装... BEFORE/AFTER 】
名古屋jail3

さて、仕上がりは?

う~~~む、... ( ̄  ̄;)

やっぱり、圭は男がいいな。


帰り際、「なごやめし食べた?」という話題に。
名古屋は独特な食文化がある。
「なごやめし」とは、名古屋ご当地B級グルメのこと。
ひつまぶし、味噌煮込みうどん、きしめん、手羽先、
小倉トースト、ジャンボエビフライ、どて煮、...
そして、あんかけスパゲティ。

実は圭、「かんかけスパ」が苦手。
十数年前に食べたときの印象が悪かった。
それでも、
「この店は美味しいから」
と薦められて、
翌日、場所と開店時間を確認して、
「あんかけスパ 発祥の店」に。

【 あんかけスパ 】
旅14

さて、お味は?

う~~~む、.... ( ̄  ̄;)

やっぱり、圭は名古屋の人になれない。



※1 NAGOYA Jail
   名古屋、栄にあるフィティッシュなバー。

   名古屋市中区栄4-13-18
   栄スパークビル9F
   Tel : 052-269-3366


※2 フエキプリン
   昔懐かしい糊「フエキのり」の容器に入った
   練乳みるくプリン。
   以前、期間限定で発売されたものらしい。

    「フエキのりがスイーツに!」

.

ひとやすみ #08 「男磨きの旅(名古屋編1)」

連続した休暇をとった。
見聞を広める旅に出てみよう。
男磨きの糧になるはずだ。


旅立ち初日の夜、いきなり豪遊。
名古屋のバー「アッシュ ( The H )」※1さんにて
楽しい夜を過ごさせていただいた。

【 アッシュ ( The H ) 】
アッシュ4
アッシュのみなさん:
こんなゴージャスな写真※2を撮らせていただき、
ありがとうございました♪



オーナーを務めるHIBIKIさんは、
世界各国でショーやビデオ撮影などを展開中の
有名なパフォーマー兼、モデルさん。

以前、新宿でお会いしたことがあった。
面識薄い圭にも、ご丁寧にご挨拶いただき、恐縮。
凄い人なのにとっても気さく。
にわかファンに。 (*^.^*)

そんなこともあり、今回の旅の目的地の一つに
アッシュさんを加えていた。

お店は、金曜日と土曜日の夜。
ショータイムは、1日2回。
あらかじめ予約して席を確保しておいたほうが、
良いようだ。
圭はネットから予約をしておいた。

ビルの入口には、ちょっと気になる看板が。
パンドラの箱を開ける気分?
エレベータ、7Fのボタンを。

【 入口の看板とエレベーターのボタン 】
アッシュ5
どきどき.....


ショーに対する期待は高かった。
実際に観ると、それを上回る驚きの連続。
期待の何倍ものパフォーマンスが展開される。
「観せるショー」というよりも、「魅せるショー」。
「ショー」というよりも、むしろ 「作品」。

隣に座っていた常連さんも、「ね、凄いでしょ」
と得意げ。 ( ̄ー ̄)b

ショーを1つ観てくるつもりでいたが閉店まで、
楽しく過ごさせていただいた。

帰り際、ブログの話をしたところ、
「みんなで一緒に写真を」 と。
感激!! ヾ(*´∀`*)ノ゛


見聞を広めるだけでなく、
とっても楽しく嬉しい夜に。
男磨きの旅、幸先いいな♪
v(=∩_∩=)



※1 アッシュ ( The H )
   「 The H 」と書いて「アッシュ」と読みます。
   SM・ポール・エアリアル・バーレスクなどの
   ショーが観れる名古屋のバー。

   〒460-0005
   名古屋市中区東桜 2-21-13
   グリーンシャトー東桜 7F
   Tel : 052-935-3773

※2 写真
   「ブログ載せるとき、顔隠さないでね!」
   とのお約束。
   そのまま載せさせていただきました。
   ありがとうございます。

.

エスコート #16 「薔薇 情熱・愛・美」

薔薇のお庭、落ち着いた庭園の散策。
バラフェスティバルへ。
ゆっくりとした時間を過ごした、エスコート。


「バラを見に行きませんか?」
お誘いをいただいた。

旧古河庭園。
駒込近くにある東京にいることを忘れさせる
静かで落ち着いた空間。

【 石造りの洋館と薔薇の庭園 】
薔薇2

庭園に入ると、豪壮でお洒落な建物が目の前に。
まるで大正にタイムスリップしたような気分。
そして、大輪の花を咲かせている薔薇が、
テラス式の洋風庭園に植えられている。
赤、白、黄色、ピンク、...

薔薇は春と秋に咲く。
ちょうど「秋のバラフェスティバル」の最終日。
このタイミングで行けてよかった。


薔薇は色によって、花言葉も違うようだ。
ちょっと調べてみた。

【 白い薔薇 】
薔薇1
心からの尊敬・清純・相思相愛・素朴・約束を守る

【 赤い薔薇 】
薔薇5
情熱・愛情・あなたを愛します・美・美しさの象徴

【 黄色い薔薇 】
薔薇3
友情・献身・可憐・美・さわやか・あなたを恋します

【 ピンクの薔薇 】
薔薇4
しとやかさ・温かい心・感謝・上品・気品


【 薔薇をバックにツーショット 】
薔薇7

薔薇や洋館をバックに記念撮影。
自撮り棒が欲しくなる。


【 日本庭園 】
薔薇6

薔薇の咲いている洋風庭園を下ると、
一転して、日本庭園となる。
紅葉の鑑賞には、ちょっぴり早いようだが、
曲線を描いた池、風情ある石灯籠、
清涼感のある滝が、癒しを与えてくれる。


【 庭園散策 足元には椎の実 】
薔薇6

木々が生い茂る庭園を歩くと、足元には
たくさんの椎(しい)の実。
トトロが出てきそう...


【 洋館をバックにツーショット 】
薔薇8

記念写真も撮りまくり。
洋館と薔薇をバックにして、パシャリ、パシャリ。


楽しいひと時をありがとうございました。
心落ち着くひとときを過ごすことができました。
ヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ

食べたかったお蕎麦を食べれなかったのが、
少し心残りではあるものの...
ご馳走さまでした。


今回は圭がエスコートしていただいたような...
素敵な一日でした。

.

エスコート #15 「牡蠣、かき、カキ♪」

貝~~~♪
余韻が残ったままの、翌日夜のエスコート。
オイスターバー。 (牡蠣のお店) w(*゚o゚*)w


以前から、オイスターバーに行ってみたかった。
六本木、夜遅い時間までやっているオイスターバー、
実は、事前チェック済み。 φ(^∇^ )
『いつか行ってみよう』
と、とっておいた。


さて、今日のエスコート、ご希望聞いちゃおっかな。
「何、食べたい?」
「牡蠣!」
えぇ~~~っ! 
昨日、貝三昧。
今日も牡蠣かぁ。 (≧◇≦)

とはいえ、せっかくのリクエスト、ご希望叶えなきゃ。
よしっ! +・`ω・´)b
隠し持っていた切り札、切るとするか。

【 オイスターバー オストレア 】
牡蠣1

六本木のオイスターバー。
このお店、週末だけ深夜までやっている。
エスコートする女性は紅茶が大好き。
紅茶の種類を揃えているお店であることも
事前チェック済み。 φ( ̄  ̄*)
さて、切り札「Ostrea」、試してみるとするか。


入口には砕かれた氷の上に牡蠣。
レモンとライムも一緒に彩りを加えている。
新鮮な牡蠣が食べれそうだ。

【 オイスター・プラッター 6P 】
牡蠣2

まずは、スパークリングワインで乾杯。
(*^-^)ノY☆Yヾ(^-^*)

そして、おまかせの牡蠣を6ピース。
今日のおまかせは、
 先端(SENTAN) (広島県 大黒神島)
 カイパラオイスター (ニュージーランド)
 的矢(まとや)かき (三重県 志摩)
の三種。
圭のお気に入りは、先端。
美味しいだけじゃない「やさしい かき」。

【 岩牡蠣 】
牡蠣3

個別のオーダーでは、岩牡蠣を2種類。
 五島 (長崎県 五島列島)
 広田湾 (岩手県 広田湾)
で、でかい!!
海の香りのする、五島。
噛みごたえのある大きな、広田湾。

【 かきのアヒージョ&かきフライ 】
牡蠣4

そして、熱々のアヒージョ。
アヒージョくらいはエビとかでも良かったかも...
でも、やっぱり選択は牡蠣。
そして、牡蠣フライ。
これもまた、でかい! うまい!! o(≧~≦)o


とことん、牡蠣三昧。
そして最後は、デザートで口直し。
紅茶は少しお口に合わなかったかな。

美味しい牡蠣料理、楽しんでいただけたみたい。
ぜひまた、深夜の美食探訪、行きましょ。
((o(‾◡◝*)(* ◜◡‾)o))


隣の客が騒がしかったのが、ちょっと残念。
空いている店内。
カップルの客なのだから、騒がしい客の隣の席
避けて案内してもよさそうなのに...
店員の配慮、足りないなぁ。 (* ̄^ ̄*)

こうしたところ、エスコートメンズたるもの、
上手く振る舞うべきだったかなぁ。 
少し反省。 σ( ̄、 ̄=)

次に活かさねば!

.

エスコート #14 「貝貝貝大好き♡」

銀座のエスコート、ちょっと慣れてきたかも。
今回は築地寄り、貝の美味しいお店へ。
美味しいものは女性を笑顔にしてくれる♪


【 貝と日本酒、美味し~♪ 】
築地の貝1
写真 : 美味しい日本酒、飲み比べ。 
コメント : 彼女のSNSに載せていただきました。


銀座の美味しいお店、雰囲気のいいお店、
今まで、いくつか見つけてきている。
そうしたお店も選択肢ではあったものの...
あえて新しいところを開拓してみるとしよう。

今回、見つけたお店が、ここ。 
「築地の貝」

【 お店の看板と入口 】
築地の貝2

お店に入ると、その日入荷した貝が氷の上に。
そして、その上には貝の産地と名前の札。
この演出、... 期待が高まる。 ((o(*^ ^*)o))

【 「築地の貝」 店内 】
築地の貝3

店内は静かでキレイ。
貝料理というと、煙たいイメージを持っていたが、
このお店は開放的で、整った厨房。
板前さんというよりシェフという感じの料理人が
手際よく貝を捌いている。

そして、いいテーブル席を用意して頂いていた。

【 貝づくし 】
築地の貝4

まずは、ビールで乾杯。
(/^-^)o日日o(^0^|)

先付けの煮つけ3品、小物ながらうまい!
まずは貝のお造りが、きれいな盛り付けで登場。
7,8種類、いろいろな貝が乗っている。 豪華。

「日本酒飲みたくなるねぇ、これ」
二人の意見は一致。

まずは、獺祭(だっさい) 純米大吟醸。
モンド・セレクション最高金賞受賞の山口のお酒。
うまい! (ノ≧ڡ≦)
日本酒飲み慣れない圭でも、うなずく美味しさ。
次は、しっかりした辛口が欲しいところ。
店員さんのお薦めは、淡麗辛口な、雪男(新潟)。

利き酒しながら、美味しい貝料理を食べる。
そして、女性の笑顔。 
至福のひととき♪ ( ̄∇ ̄人)

料理は、焼き貝、揚げ物、旬菜などが続く。
いずれも一品一品の作りが丁寧で美味しい。
締めくくりは、深川めし(アサリのご飯)。
最後まで貝づくし。
デザートで口直しして。


さて、
ちょっと飲みすぎちゃった感はあるけれど、...
次のバーに行くとしようか。
ヾ(´∀`*)(*´∀`)ノ

.

磨くべき心 #15 「透けて見える自分磨き」

ネットで気になる掲載を目にした。
人の内面って、透けて見えるものかもしれない。
自分磨き、男磨き、... 考えさせられる。


性格は顔に出る。
生活は体形に出る。
清潔感は髪に出る。
美意識は爪に出る。
センスは服に出る。
感情は声に出る。
本音は仕草に出る。
落ち着きのなさは足に出る。

なーるほど。

【 圭の、生活、美意識、清潔感、センスは、... 】
自分磨き

忙しさや、時間の無さを理由にして、こうしたことへの
気配り、目配りが、薄くなることがありそう。

「見られている自分」
常に意識しながら、自分を、男を磨いていこう。

.

Twitter #11 「名古屋・大阪、男磨きの旅」

10月7日から13日のTwitter。
名古屋・大阪、男磨きの旅。

@kei_otokomigaki


名古屋、大阪で、お世話になったみなさん、
ありがとうございました。

※この掲載は、Twitterのツイートのまとめです。
 旅のレポートは別途掲載しようと思っています。


~~~ 以下、ツイート ~~~

【10月7日】
男磨きの旅に出ました。
いきなり、豪遊。
名古屋のスタイリッシュなショーバー、
The h(アッシュ)さんにて。
旅51


【10月8日】
大阪の常識。
エスカレーターは右待ち。
旅02

大阪、宿着。
今宵は難波を攻める。
旅03

大阪、ミナミ。 道頓堀。
旅04

でっかい看板たち。
旅05


【10月9日】
アメリカ村、散策。
街路灯が不思議な格好、色をしている。
旅06

知る人ぞ知る、**工房・レジーナ。
オーナーさんと、ツーショット。
お店は心斎橋近くのビルの一室。
旅07

梅田の夜。
旅08


【10月10日】
曽根崎お初天神。
悲しい男女のストーリー。
道祖神、かわい♪
旅09


【10月11日】
旅先でも継続。 ちんトレ。
耐久力も強化。 
(レジーナ製アイテム 試用)
旅20


【10月12日】
大阪、後にしました。(o´・ω-)b
楽しかった~
最後に大阪らしいもの食べて締めくくり。
旅10

【夜】
名古屋、寄り道。
栄、攻略中。
旅11

好評! 大阪みやげのミルクプリン。
昭和を感じる「のり」の容器に入ってる。
旅12

体験...
(栄のバー「NAGOYA Jail」さんにて)
旅52


【10月13日】
なごやめし、喰らう。
あんかけスパ。
旅14

【食後】
ダメだ......
圭は名古屋の人になれない。


【新幹線】
東京に帰ります。
旅15


【東京到着】
帰宅。
あれれっ?
電気製品がおかしい......
昨日ニュースになってた東京の停電かな。

.

Twitter #10 「10月初旬」

10月初旬のTwitter。

@kei_otokomigaki


エスコート。 六本木、池袋。
メンズネイル、初体験。


~~~ 以下、ツイート ~~~

【10月1日】
六本木、夜景の見えるレストラン。
Twitter10月前半1

【10月2日】
生け簀。
Twitter10月前半2

Twitter10月前半2―2

【10月3日】
体調回復後、初のジム。
入口に現れたオバケとツーショット。
Twitter10月前半3

【10月4日】
男ネイル、体験してみよっかな。
Twitter10月前半4

体験後。
Twitter10月前半5

.

身だしなみ #09 「メンズネイル」

メンズネイル、やってみた。
評判いい!! ヽ(*´v`*)ノ
男の身だしなみ、ポイントアップしたかな♪


【 きれいな指先 】
メンズネイル2
キレイな女性もにこやか。「清潔感のある手」は大切。


都内外出の折、男性専門のネイルサロンを発見。
「どんな人が利用するんだろか、こんなところ」
くらいの冷ややかな印象で眺めていた。 (¬_¬)

先日、そのネイルサロン近くに行く用事ができた。
ちょっと覗いてみようかな、
「男磨き」のネタ話になるかもしれないし。
そんな思いでお店に。

リクライニング式ソファーにくつろぎ座る男性。
女性のネイリストさんが、ひざまづいて、
ひじ掛けにかけた男性の手の爪を磨いでいる。
ちょっとした王様気分の構図。

ネイリストさんは若くてキレイな女性。
お試ししちゃおっかな♪ o(^。^")o

【 メンズネイル 】
メンズネイル1

いくつかのコースがある...
せっかくだから「お薦め」のコースをやってみよう。
手も足も。
上の写真は手の爪の手入れを終え、
足の爪の手入れをしていただいているところ。

きれいにできた! ヾ(@^▽^@)ノ

でも、ちょっと光りすぎかなぁ...
爪を光らせてる男、
気持ち悪がられないだろうか。

そんな不安を抱いていたが、とんでもない。
出会う女性、出会う女性から、大絶賛。
自慢したり、見せびらかすわけではないが、
女性はみんな気づいてくれる。 (〃・・)σ ツンツン
(女性ってよく見てるんだなぁ...)

 きれい!
 清潔な感じがいい。
 そういったところに気遣いすることがいい。

といった、感想。

男磨き...
まだまだやることはありそうだ。 p(*^.^*)q

.

エスコート #13 「夏のエスコート(遊び編2)」

レポート忘れの夏のエスコート、遊び編その2。
観劇。
この夏、お誘いをいただき、2つのショーを鑑賞。


【 サンバカーニバル 】
観劇(リオ)

今年の夏といえば、
メダルラッシュに沸いた、リオ五輪。
その熱狂が始まる少し前、
本場、リオ・サンバカーニバルイベントに
お誘いをいただいた。
こうしたショーを観るのは初めて。
すごい迫力と熱気。
「情熱的」という言葉が本当にぴったり。

【 響ファミリー 】
観劇(響ファミリー)

さらに少し前は、純和風な歌踊演舞の一座
「響ファミリー」の公演にお誘いいただいた。
座長はブラジル育ち。
日本に渡り演劇と日本文化を勉強したという。
日本の心をきめ細かく演じている。


なぜか、ブラジルに縁のある、この夏。
公演の後は、行きつけのバーでゆっくりと...
.+゚*。 (o´∇`*)oYYo(*^0^o) +゚*。:゚+

.
プロフィール

圭

Author:圭
圭(けい)です。
「女性に悦んでいただくために男がすべきこと」
をテーマにブログを始めました。
女性のための男磨き、身体と心のトレーニング、
取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ登録サイト