FC2ブログ

磨くべき躰 #28 「昼のラン🏃」

Twitterに昼のランニング時の写真を載せている。
ランニングコースに咲く花や空の写真。
今日は少し圭のランニングコースをご紹介。


【 Twitterに載せている写真 】
run00

「どんなところ走っているんですか?」
ときどき、そうした質問を受ける。

【 圭のランニングコース 】
run01

圭は上の写真のコースを走っている。
①→②→③→④→⑤→②→① と。
1km ちょっとくらいの距離かな。
15分から20分くらいかけてのゆっくりペースで。
もう10年以上続けている。

【 スタート地点 】
run02

スタート地点はこんな感じ。
地図の①のあたり。

【 空の撮影ポイント 】
run03

②から③へ。
田畑が続く穏やかな風景。
建物や電線が無い。
空の景色はこの辺で撮影していることが多い。

【 緑道へ 】
run04

④から⑤へ。
あらためて地図を見て知ったのだが、...
この道、緑道というらしい。
どおりで、緑や花に溢れている。

【 中間地点 】
run05

緑道を入るとすぐに小さな公園がある。
ほぼここが中間地点。
大きな木の下で少しストレッチ。

【 緑道の花 】
run06

緑に挟まれて緑道を走る。
季節によっていろいろな花が咲いている。

【 緑道で写した写真 】
run07

圭がTwitterに載せている花の写真、
ほとんどがこの緑道で撮影している。

【 舗道の並木 】
run08

⑤を曲がると広い通りへ。
桜並木やいろいろな木々が植えてある。

【 ゴール地点 】
run09

ランニングを終え、ゴール地点へ。
なぜかほっとする、この景色が好き。


Twitterに写真を載せ始めて、
いろいろな人に「♡」(いいね)をいただく。
とっても励みになっている。
感謝、感謝!



~ 蛇足 ~
ランニングを終えて、少しトレーニング。
腕立て伏せ、背筋、腹筋。
そして、シャワー。

【 MADE IN FRANCE のシャワー 】
run10

シャワーはフランス製らしい。
.

エスコート #31 「雲丹(ウニ)三昧」

美食家も唸る新感覚の味、ウニしゃぶしゃぶ。
そんな情報を仕入れて行ってみたお店。
ウニしゃぶ発祥の店、「いちりん」。


目黒川の夜桜見物の後、お腹を空かせて到着。
これでもか、というくらい、たっぷりの雲丹を堪能。

【 甘味 】
ウニ11

濃厚な雲丹が続くので、...

最後の口直しの甘味からご紹介。
もういい! というくらい雲丹を堪能した後、
爽やかな酸味のあるイチゴ。
練乳との組み合わせがたまらなくいい。

【 前菜 】
ウニ01

丸ごと雲丹と季節の前菜。
これが、前菜?
いきなり、びっくり!

【 お造り 】
ウニ02

特選 お造り盛り合わせ。
後から思えば、雲丹以外はこの料理だけだった。
新鮮&油の乗ったお刺身。

【 和牛 】
ウニ03

炙り和牛雲丹のせ。
カウンター席だったので、目の前で炙ってくれる。

【 天使の海老 】
ウニ04

天使の海老と雲丹の大喧嘩。
海老の料理なのか、雲丹の料理なのか、...
まさに大喧嘩になっている料理。
見た目も味も、至極。

【 茶碗蒸し 】
ウニ05

雲丹茶碗蒸し。
「今まで生きてた中で一番美味しいです」
(岩崎恭子さん風)
そんな茶碗蒸し。

【 握り 】
ウニ06

雲丹の握り。
たっぷりの雲丹を乗せた軍艦。

【 ウニしゃぶの具 】
ウニ07

ウニしゃぶ、準備中。
具も豪華。

【 ウニしゃぶ 】
ウニ09

名物 ウニしゃぶしゃぶ。
濃厚な鍋。
出汁(だし)というより、雲丹が溶けてる。

【 雑炊 】
ウニ10

最後のトリはやはり雑炊。
雲丹エキスたっぷりのスープで作る雑炊は絶品。


目黒川の満開夜桜見物、
そして、雲丹三昧。
今回はいつにも増して豪華なエスコート。

楽しんでいただけたかな。

.

エスコート #30 「目黒川の桜」

目黒川の桜。
「ライトアップされているうちに行きたい」
お誘いをいただいた。


ライトアップ最終日。
『もう散っちゃっているかな』
などと不安気味に行ったのだが、とんでもない。
まさに満開。

【 目黒川の桜① 】
桜01

思ったより早く到着。
まだ空は明るい。

【目黒川の桜② 】
桜19

ちょうど満開。

【 目黒川の桜③ 】
桜02

ちょうちんに灯が燈る。

【 目黒川の桜④ 】
桜03

川岸は800本の桜並木。

【 目黒川の桜⑤ 】
桜07

少し色の違う桜も。

【 目黒川の桜⑥ 】
桜08

夕闇に映える桜。

【 目黒川の桜⑦ 】
桜11

あれ? 満月??

【 目黒川の桜⑧ 】
桜10

花見 & 月見♪

【 目黒川の桜⑨ 】
桜13

空一面、桜。

【 目黒川の桜⑩ 】
桜15

満開の桜 & 満月。

【 沿道の出店 】
桜16

沿道にはジャンクな食べ物がいっぱい。
美味しそうな匂い誘われる。
でも、我慢我慢。

【 牡蠣 】
桜17

我慢できなかった...
ぷりっぷりの牡蠣♪

【 目黒川の桜⑪ 】
桜18

いいタイミングで来れてよかった。
ライトアップされた満開の夜桜。
満月のおまけ付き♪

【 うれしいプリン 】
桜22

こだわりの卵を使って作られている濃厚なプリン。
おみやげに。


お月見付きのお花見デート、この辺にして。
さて、お食事に行くとしますか。

.

エスコート #29 「ヘルシーなイタリアン」

先週末のエスコート。
ヘルシーなイタリアンレストランへ。
圭が一押しにしている店、銀座「Kazan」。


【 銀座 「Kazan」 】
Kazan03

「肉を一切使わないヘルシーコンセプト」
シーフードと野菜メニューを提案している。

「日経大人のレストラン」グランプリ受賞、
世界最高峰の魚介が並ぶコースが売り。

【 最初の乾杯はビールで 】
Kazan04

まず最初はビールで乾杯。
前回お誘い頂いたは1月だったかな。
(そういえば、前回分はブログ載せてなかった...)
「しばらくぶり!」と、楽しくお喋りを。
そうこうしているうちに、料理が...

【 アミューズ 】
Kazan05

前菜は、3種類から選ぶことができる。
まず一つは、渡り蟹と旬野菜のムース。
シンプルでありながら独特の味。

【 Amuse 】
Kazan06

前菜二つ目は、生雲丹のジュレ。
濃厚なウニの香りが攻めてくる。

【 ここからはワイン 】
Kazan08

さて、ここからはワインの利き酒。
まずは、お薦めから。

「幻の赤いスパークリングワイン」
「KAZANお薦めのシャンパン」

泡立つ2色の色合いがキレイ。

【 キャッツアイオイスター 】
Kazan07

タスマニア産キャッツアイオイスター。
「おいし!」
2ピース目を、おかわりしてしまうほど。

【 旬鮮魚のカルパッチョ 】
Kazan09

ワイングラス🍷に乗ったカルパッチョ。
このお店のカルパッチョはこう出すらしい。

【 “天使の海老”のフライ 】
Kazan10

世界で初めて世界最高品質である証明
「QUALICERT」の認定を取得したという
”天使の海老”。
マングローブ林で浄化された海で育った
ニューカレドニアの有機エビ...

う~む、
ウンチク聞いただけで美味しそう。

【 メインスペシャリティ 】
Kazan11

本日の業界メインスペシャリティは、
鰆(さわら)ベースの彩り鮮やかな料理。

【 メイン1 】
Kazan12

カナダ産オマール海老のラビオリ仕立て。

【 メイン2 】
Kazan13

生雲丹と直火帆立貝のミルフィーユ。

【 〆はパスタで 】
Kazan14

旬野菜のフェデリーニ。
今回の至極のシーフードは、ここまで。

【 デザート 】
Kazan15

デザートはカラフルにいろいろな味を。

【 お店の前でツーショット 】
Kazan16

帰り際にはお店の前でツーショット。
店員さんが表に出てきて撮ってくれた。

いい笑顔、いただきました♪

.

エスコート #28 「水槽が自慢の創作料理屋」

魚が宙を飛んでいる。
そんな感じの写真。
これは水槽越しに厨房を撮ったもの。

キレイな水槽がが自慢の創作料理のお店。

【 水槽越しの厨房 】
野辺地09

お店に入るとカウンター越しに厨房。
テーブル席側から厨房を見ると
水槽を挟んでこんな感じ。

【 先附 】
野辺地02

まずはつきだし。
ビールで乾杯。
(*^◇^)/□☆□\(^◇^*)

【 前菜 】
野辺地03

前菜は多彩。
いろいろな味を楽しめる。

【 造り 】
野辺地04

お造りは、
鮪、平目、烏賊、ボタン海老。

【 サラダ 】
野辺地05

そして、海老マヨネーズサラダ。

【 焼き物 】
野辺地06

白身魚の照り焼きは、超肉厚。

【 揚げ物 】
野辺地07

海老真丈の揚げ物。
茄子と季節の野菜を添えて。

【 鍋 】
野辺地08

鍋は真っ白、コラーゲン鍋。
すっぽん仕立てになっている。
〆は、うどんで。

そして、デザートのアイス。

【 厨房から水槽越し時 】
野辺地10

帰り際、
「こちらから撮るとまた違いますよ」
と、お店の人。
厨房から写真を撮らせていただいた。

【 創作料理 野辺地 】
野辺地01

創作料理 「野辺地」
外観はこんな感じ。

美味しくお洒落なお店。
楽しんでいただけたみたい♪ ヾ(*´▽`*)ノ



~~~ おまけショット ~~~

【 2年間、仲良くしていただきました 】
KAORU01

3月、卒業のシーズン。
2年間仲良くしていただいた女性が卒業。
お疲れさまでした。 (*´∇`)ノ

記念のツーショット。

【 これからも 】
KAORU02

離れてしまうけれど、
これからも仲良くしてくださいね!
♪(〃⌒▽⌒)八(⌒▽⌒〃)♪

圭は責められ役のほうが向いているらしい...
(◎_◎;)

.

Twitter #26 「3月前半」

3月前半のTwitter。

@kei_otokomigaki

twitter3月前半00

外出が多かった3月前半。
小さな花が咲き始めたランニングコース。
エスコートは新宿。

~~~ 以下、ツイート ~~~

【3月1日】
曇り空。
昼のラン🏃、風が冷たい。
今日も道端の小さな花。
twitter3月前半01

お誕生日。
twitter3月前半02

【3月2日】
昼のラン🏃、曇り空で寒ぅい。
でも、春の兆し。
twitter3月前半03

【3月3日】
夜明け前。
twitter3月前半04

昼のラン🏃、雲がキレイ。
twitter3月前半05

【3月4日】
今日は🎾試合。
会場の紅梅。
twitter3月前半06

【3月8日】
今週は外出続き。
先週の昼のラン🏃、足下の小さな花。
twitter3月前半07

【3月9日】
先週の花。
twitter3月前半08

【3月11日】
桜。
さて、🎾。
twitter3月前半09

隠れ家的な焼肉のお店。
twitter3月前半10

【3月13日】
ランニングコースにある花壇、
可愛らしい花が咲いている。
でも、後ろの葉牡丹、いまや雑草状態....
twitter3月前半11

【3月14日】
昼のトレーニング、ランに加えて、
腕立て伏せ、腹筋を追加。
頸(くび)の不調、完治! (/^▽^)/
身体、絞っていく。

道端、少し恥ずかしそうに咲く小さな花。
twitter3月前半12

【3月15日】
寒い一日。
外出先の空。
twitter3月前半13

.

磨くべき躰 #27 「体幹(たいかん)を意識する」

暖かくなってきた。
身体も調子がいい。
さて、薄着の夏に向けて身体を作るとするか。


昨年は何度か身体の不調に悩まされた。
いろいろ話を聞くと「姿勢」からくるところも多そうだ。
いい姿勢は健康維持に大切だ。
そして何より、姿勢のいい人はカッコいい。

【 ベルトを着けてトレーニング 】
体幹1

スポーツベルトを紹介いただいた。
着けることにより体幹を意識できるという。
早速、昼のランニング、ジムでのトレーニングで着用。

【 体幹を意識させるスポーツベルト 】
体幹2

まずは意識することが大切。
痛めやすい腰のサポートもしてくれる。

【 最新式をゲット 】
体幹3

ちょうど新商品が売り出されたとのこと。
早速、購入。
装着感、いい感じ。

さて、体幹のトレーニング、やっていくとするか。
スラっとバランスいい姿勢、夏に向けて作っていく。

.

エスコート #27 「レタしゃぶ」

春。
とはいえ、ここのところ寒い日が続く。
「温かいものが食べたいな」


そんなリクエストに圭が選んだお店は、
「レタしゃぶ」
レタスをメインとしたしゃぶしゃぶ。
とってもヘルシーな料理。

【 魅力的な絵 】
レタしゃぶ2

お店に入ると、ステキな絵が何枚か飾られている。
圭たちの席にはこの女性の絵が掛けてあった。
食事の前に絵を観ながら感想をお話。

【 乾杯 】
レタしゃぶ3

まずは乾杯。
「レタしゃぶ」は当確として、さて、前菜をどうするか。

【 タラの芽の天ぷら 】
レタしゃぶ5

季節のメニューを発見。
タラの芽、この時期でないと食べられない。

【 生牡蠣 】
レタしゃぶ4

そして、生牡蠣。
こちらはそろそろ旬が終わってしまう。
その前に食べておこう。
思いのほか肉厚の大物が出てきたのでびっくり。
そして、美味。

【 そら豆 】
レタしゃぶ6

殻ごとのそら豆。
いい味だしてる。

【 まずはスープを味見 】
レタしゃぶ09

そしてメインのレタしゃぶへ。
まずは、スープを味見させてくれる。
博多の水炊きのお店に行くと、
「これでいかがですか?」
と、鍋に具を入れる前に味の確認をする。
それと同じかな。

【レタスまるまる1個分 】
レタしゃぶ8

レタスはほぼまるまる1個。

【 レタス以外 】
レタしゃぶ7

脇役は、肉とバランスよさそうな野菜。

【 レタしゃぶ 】
レタしゃぶ10

鍋に入れるとこんな感じ。

【 郷土料理 「吟」 】
レタしゃぶ1

今回エスコートしたお店は、郷土料理や「吟」。
レタしゃぶ発祥のお店、とのこと。

【 バッティングセンター 】
レタしゃぶ11

お腹いっぱい、身体もぽかぽかに。
腹ごなしに、近くにあるバッティングセンターへ。
「初めてのバッティングセンター」とのこと。
バッティングと、ストラックアウトを愉しんだ。

いい笑顔。
楽しんでいただけたみたい。

.
プロフィール

圭

Author:圭
圭(けい)です。
「女性に悦んでいただくために男がすべきこと」
をテーマにブログを始めました。
女性のための男磨き、身体と心のトレーニング、
取り組んでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ登録サイト